量産試作サービス お客様の課題と解決

トップ > 私たちの事業 > 量産試作サービス

その課題、お聞かせください

  • 量産試作品を外部に発注したいが、
    設計知識が希薄なのでうまく
    コミュニケーションが取れない。

    多くの分野で設計技術者を有するライトグループでは、
    専門知識を活かしてお客様のご要望に
    お応えすることができます。

  • 自社設備やノウハウだけでは
    量産試作品を製作することが困難だ。

    ライトグループは、小型から大型まで、
    豊富な製造設備体制を整えています。
    ニーズにマッチした設備で製作対応いたします。

  • 該当する部品等の
    調達先に困っている。

    日本だけではなく、
    海外のメーカーからも
    最適な部品を短納期で
    調達します。

  • 設計図面通り製作したにもかかわらず、
    うまく作動しないので、
    モノづくりの観点からアドバイスが欲しい。

    図面の検証を行った上で、検証結果をお客様に
    ご報告します。設計図面に問題が認められない場合は、
    製作工程のアドバイスを行います。

  • 規格取得に苦労している。
    試作品製作の段階で
    規格取得の相談をしたい。

    ライトグループには、
    試作品段階で規格取得
    できるノウハウがあります。

  • 展示会出展が間近に迫り、
    短期間で量産試作品を
    製作する必要がある。

    実製品を出展ブースに間に合わせるのが時間的に
    厳しい場合は、ライトグループの試作品製作ノウハウを
    ご利用いただければ、ブース来場者に満足いただける
    試作品を期限までに間に合わせることが可能です。

  • さまざまな部品を外部発注することになり、
    コストが予算に収まらない。

    部品の調達先が豊富なだけではなく、
    予算範囲内で調達できるノウハウを持っていますので、
    製作に関するコスト面の融通が利きます。

製造受託に興味のある方はこちら

  • 製造受託事業
  • お問い合わせ

事例紹介

ライトグループでは、お客様への守秘義務という観点から、試作品製作の事例紹介を自社ブランド製品に限定させていただいています。

試作品製作 1

眼科眼鏡機器「アコモレフ」の場合

Righton(ライトン)
アコモレフ試作品製作にあたって取り上げられていた課題

従来機種に対し、検眼スピードをアップさせたいという課題があり、他覚屈折測定、調節微動検査、中間透光体混濁スクリーニングの3つの機能を一体化させ、調節検査時間の短縮という課題に取り組みました。

検眼測定時間の短縮以外で業界課題の眼精疲労測定機能を追加

検眼機器製作における高度な設計技術により、屈折検査の測定時間を約20%短縮するなどの課題を解決しました。その他に、設計段階では、眼精疲労、負荷調節を測定できる機能を取り込みました。特に、眼精疲労のグラフ化とオートレフ一体化は、以前から業界のテーマとされていました。

各分野の技術者の豊富さ、ISO取得が、お客様へのメリットを生み出す

ライトグループには、精密メカトロ技術を持ったエンジニアが多数います。そのため、製造、組立、最終的な完成段階までを、専門的視点で技術関与することが可能です。また、ISO13485/薬事法を取得、維持しているので、関連する製品の試作品製作が可能であることもお客様にはメリットです。

試作品製作 2

半導体搬送装置「ロードポート」の場合

Right Port(ライトポート)
半導体の超微細化に伴いN2パージの要求が高度化

ウエハの酸化防止策として、半導体搬送におけるN2パージが注目されるようになりました。ライトグループは、時代を先取りする意味でN2パージへの挑戦を決め、その結果、N2パージ機能だけに注目して購入を決めたお客様があり、その後、実績が蓄積されています。

試作品の開発にもコスト競争力で対抗

当時のロードポートの価格は高額でしたが、競合社の台頭などのより、試作品製作でもコストダウンを求められるようになりました。また、価格以外では、軽量化、ゴミの付着をなくす、耐久性能の追求などの課題があり、その一つひとつにライトグループの技術ノウハウが活きています。

半導体関連機器製造における必須のクリーンルームが活躍

試作品の製造工程では、クラス1000のクリーンルームを使用。また、成形工程では、3D造形機を使用し、短納期化を実現しました。さらに、高精度研磨機を使ってミクロン単位の精度の品質を確保しました。部品製造の調達が困難な場合も、長年培ってきた調達ルートで各種部品を入手しました。

製造受託に興味のある方はこちら

  • 製造受託事業
  • お問い合わせ